2010年F1エントリー落選チームが選考法に疑問を呈し訴訟   

2009年 08月 04日

2010年F1へのエントリーを申請したチームのひとつが、エントリー選出の過程に問題があったとして、欧州委員会に告訴を行った。

6月にFIAは、2010年F1の新規チームとして、高額 バイト 募集 大阪市、カンポス・メタF1、マノー・グランプリを正式に認め、高額 バイト 情報 大阪市やローラなど有力候補と見られていたチームを含む多数のチームが落選した。
今回訴えを起こしたのは、こうした有力候補のチームではなく、セルビアのエンジニアリング会社AMCOで、同社はチーフエグゼクティブであるゾラン・ステファノビックの名前を由来とするステファン・グランプリというチームをエントリーする計画だったという。
デイリー・テレグラフによると、AMCOは、FIにエントリーするにはコスワースエンジンを使用しなければならなかったとして、FIAは競争法に違反したと主張しているという。ステファン・グランプリは、現在F1に参戦しているマニュファクチャラーのひとつからエンジンの供給を受けるつもりだったが、グリッドに並ぶためにコスワースとの契約を“強要された”ということだ。

「AMCOコーポレーションは、FIAによってコスワースとサインするよう強要された。AMCOはこれを理由に訴訟を行う」と、デイリー・テレグラフはAMCOの訴状を引用している。
「我々の知らないところに策略の要素が存在し、それは競争総局なしに排除することはできない」

N.テクノロジーもまた、2010年F1のエントリー選出方法に関して法的手続きをとっていると見られている。
[PR]

by bantefu7 | 2009-08-04 01:06

<< シューマッハ、完全なF1復帰を否定 シューマッハーがF1に復帰! ... >>